副音声

名前変えました

2月4日「私より先に泣いてはいけない」

3000円払ってカウンセリングを受けてきた。

昨年ぐらいから、ADHDに加えてASDも持っているんじゃないかという漠然とした不安が私を支配していた。なんとなく、会話がずれていて、噛み合わないことで、仕事に大きく支障が出ていたからだった。
先生曰く、ASDは対処療法だからカウンセリングを受けることでしか治せないらしい。先生を盲信している私は、そんなわけでカウンセリングを受けたのだった。

「事前にいろいろ(自分がままならなかった)事象を集めておくといいですよ」という先生のアドバイスに従い、手帳に怒られた時の状況やその時のままならなさを事細かに記しておいた。

カウンセラーは50代ぐらいの女性だった。
「今までカウンセリングを利用したことがありますか?」と聞かれたので、正直に学生時代に何度か、でも何を話せばいいのかわからなくて、と答えた。

「あら、もったいない。カウンセリングはなんでも話していいんですよ」とカウンセラーが微笑む。カウンセリングが始まった。

私は用意してきた手帳をもとに自分のままならなさと、その際に上司から言われたことを一気に話した。私が話終えるとカウンセラーが口を開く。

「失礼ですけど、その方っておいくつですか?」

今年で30と言ってたような気がします、と答えると、彼女は私が想像していなかった言葉を投げかけた。

「それはね、あなた30の人がほぼ同世代の部下に言っていい言葉じゃありません」

私は自分のカウンセリングが、思いもよらない方へ傾くのを感じていた。

「あなたからお伺いしたあなたの上司からの言葉はこれパワハラですよ。第三者で社会人経験が長い私が言うんだから間違いありません!」

その後も私が説明した事象に関して「これはパワハラです」「そんな言い方はありません」などの否定が延々と続く。彼女の目には涙が溢れ、ついには私にこう言った。

「あなた頑張りましたね、よく耐えましたね。」

いや、違うんです。それは私が言われたことが出来ていないから怒られているのであって、それが何度も注意されても出来ないから、こういうことになったんです。全ては私が悪いんです、と何度も何度も彼女の涙を否定した。

実際上司たちの言葉は明らかに正論であり、自分のままならなさに全ては端を発しているんだからパワハラという指摘はお門違いなのだ。そもそも自分のままならなさを具体的にどう解消できるかを相談したかったのであって、上司からのパワハラを相談したいわけではない。

しかし、私の否定を彼女は「あなたはもうその環境になれちゃってるんです」との言葉で更に否定してくる。これでは何の解決にもならない。

カウンセラーがひとしきり泣き、私の懸命な否定もむなしく時間が終わった。

「あなたはよく頑張りました。上司からの言葉で心を壊さないでください。」と言って、カウンセラーはまた微笑む。その笑顔を見て、非常に不愉快な気分になった。

けれども、このカウンセラーの「社会人経験がある」という言葉を信じるなら、私の退職に関して何かプラスに働いてくれるのではないか、という期待が湧いてきた。自分はとにかく退職したいわけだし、ここまで私に同情的なんだから何かしら力になってくれるのではないか、と思った。そういうことを考える自分は甘いのかもしれない。でも、そんなものにすがるくらいに、私は退職への道筋を探ることが出来ずにいる。

私は自分のままならなさや不甲斐なさで苦しんでいるのにどうしてどいつもこいつも、私の苦しみが外的要因から来るものだと決めつけて、勝手に泣いたりするのだろう。前に付き合ってた人もあのカウンセラーみたいに、勝手に私の苦しみを想像して泣いて、私の苦しみに飽きたときに「まきこちゃんは自分のことばっかりだね」という言葉を残して私をあっさり遠ざけたのだった。

私より先に泣かれたら、私はいつ泣けばいいんだよ、私は私の不甲斐なさやままならなさで泣きたいのに、勝手に外的要因のせいにしないでくれよ。

貴重な土曜日の午後、いつもより遠くの薬局で薬をもらいながら、「こういうのが感動ポルノか……」と一人納得していた。終わりのない冬と自分の無力さだけが、一寸先の未来を縛り付けているような気がした。

1月23日「メンタルの強さ」

去年の夏くらいに衝動的に死にたくなって、部屋のドアノブに社員証をかけて、10秒くらい眺めていたことがあった。今思うと、あの時間が去年一番長い時間だった。

周りは何も変わっていかない。会社も上司も相変わらずで、母親も相変わらずで、祖母は携帯を使うことを諦めた。

本当にメンタルが強い人は「すべてを投げ出せる勇気」を持っている人だと思う。不登校も音信不通で職場からいなくなるのも私は「勇気」がなきゃ出来ないと思う。だから一番メンタルが強い人は自分の人生を自分で早めに諦められる人だよ。私はメンタルが弱いので勇気が出ない。諦められない。

しばらくは諦められないまま、じたばたしてると思います。ドアノブにかけた社員証に首を通してじたばたしている、パラレルワールドの自分を時には軽蔑し、時には羨ましく思いながら、これからも生きていくんだと思います。いつまで生きてるかわからないけど。

12月28日「12月の総括」

お疲れ様です。

しばらくブログ消してました(非公開設定にしてました)。特に意味はないです。いや、本当はいくつか理由がありますが、それはここでは触れません。

 

12月終わりますけどどうですか?

私は今月結構しんどかったです。他人のテンションに振り回されるだけの毎日でした。

 

ちょうど一年くらい前に「お前がいてくれてよかったと思っている人間は一人もいない」と言われたわけだけど、今、私がいてくれてよかったと思われたいかというとあんまりそう思ってないです。結局他人の気持ちなんてその人にしかコントロールできないし、私がそんなことを思われたいとか思う方がおこがましいんだと思います。他人に必要とされなくてもやっぱり生きていかなきゃいけないわけで、それは他人が決めることでもなく自分が決めていくことなんですよね。

 

もう12月どころか1年の振り返りになるけれど、今年は本当に思い出したくないことばかりが重なってました。一応自分の人生ってどこかでなんとかなる、とか順調だ、と思っていたフシがあって、受験でも大きな失敗はしてこなかったし、学校も留年せずに卒業したし、苦しかったけどなんとか就職もしてきていたので、まあどこかで「なんとかなっていくだろう」という甘い考えを持ち続けていたわけです。でも、この一年は今までの比じゃありませんでした。

 

でもこの一年が無駄かというとそんなこともなく、やっぱり自分に必要な一年だったんだと思います。今年の夏ぐらいにあてもなく原宿をさまよってた時間とか、フォロワーさんにお会いした時間とか、こうしてよくわからない文章を全世界に向けて発信していた時間とか、そういう時間はあってよかったんだと思います。

 

来年は

「あきらめない」「投げ出さない」「コミュニケーションから逃げない」「やることをちゃんとやる」を目標にしていきたいと思います。

 

 

 

 

11月7日「人生を諦めることについて」

ひさびさに手書きです。

ジェットストリーム0.38mmで書きました。やっぱりジェットストリームは最高!文化遺産に登録しろ!

今気づいたけど、燃やすと捨てるをナチュラルに間違えてた。まあいいか。

 

f:id:fuchsia12:20181107133449p:plain

11月5日「1週間日記 後編」

11月1日
内線取りのプロになりたい。せっかく20メートル先の内線まで聞こえるようになったのに、内線を取ることが出来ない。スピードで負ける。たかだか3ヶ月程度ではまだ勝てないとでも言うのか……
給湯室でバーベキュー事件に引き続き、給湯室で酒瓶破壊事件が発生していて、会社が完全に世紀末である。おそろしあ。

11月2日
メモを見返すと「インフルエンザは熱がいきなり出る」と書いてあった。おそらく会社の人の会話を盗み聞きした言葉だろう。なぜこれをメモしようと思ったのか。
神楽坂のお店で友人とご飯を食べる。生うにのプリンなどという「プリンにしょうゆ」の完成形を食べる。ウニがプリンらしきものに乗っかっており、非常に美味しくいただいた。生ビールとハイボールでかなり酔ってしまった。ひさびさにアルコールを摂取したからかもしれない。

11月3日
部屋の片付けをする。いろんなものが出てくるともう片付けが進まない。ひとつひとつ立ち止まってしまい、大変なことになる。怪談を聴きながら作業する。怪談怖いなーと言いながら座り込んで聴いてしまうので全く進まない。
とはいえ、なんとか片付けを終わらせることに成功した。部屋がかなり広くなった。
長江俊和の「検索禁止」を読む。ゲラゲラ笑う。でも、長江俊和の本は基本的に「放送禁止」が好きな人じゃないと笑えないな。「放送禁止」の布教を積極的にしていきたい。どうしてアマゾンプライムには「放送禁止」がないんですかね……


毎日それなりにメモ取っているんだけど、日記に書けるようなことがなくなってきた。一応、ライフログ的な感じになるので、3行ぐらいでも書けたら書き続けたいなとは思う。